WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月19日のニュース

上下2段の埋葬施設持つ円墳を発掘 向野古墳群で福知山市教委

0219mukaino.jpg 福知山市南羽合で発掘調査をしていた市教育委員会は18日、上下2段に埋葬施設を持つ円墳など計13基の古墳を確認したと発表した。
 

 現場は府営矢見所団地横の小高い竹林の丘で、民間による宅地造成が計画されている。
 
 今回調査したのは向野古墳群のうち最も北側にあたる1600平方メートルの区域で、直径5−16・5メートルの円墳が密集していた。それぞれ5世紀末から6世紀前半にかけてのもので、位置関係から、ふもとの弘法川沿いの正明寺・篠尾一帯の谷を治めていた有力者が葬られていると見られる。
 
 このうち1基は木棺などの埋葬施設(主体部)の真上にも埋葬施設があった。遺物の須恵器の形から、埋葬年代は近くて親子など密接な関係者が葬られた可能性が高い。一つの古墳に複数の人が埋葬される場合、同じ高さの所に並べて埋葬されるケースはあるものの、上下2段に埋葬するケースは非常に珍しいという。
 
 今回の調査区域の周囲にも古墳が多くあり、向野古墳群全体では計38基になる。治めていた土地が狭い谷筋ながら、50年ほどの短期間にこれだけの古墳が築かれた理由などは、今後の研究にゆだねられる。
 
 このほか、通常は方位をそろえて造られる主体部が、今回発掘した古墳は方位を重視するよりも地形に沿って造られていた。また土の盛り方などいくつか特徴があり、市教委は「設計や工程を考える上で重要なだけでなく、遺体の埋葬や古墳造成開始時期など葬送儀礼の経過を復元する際の大きな資料になる」としている。
 
■21日に現地説明会■
 
 現地説明会が21日午後1時から行われる。雨天決行。急斜面があるほか、雪、雨の後はぬかるんで非常に足場が悪くなる。
 
 
写真=埋葬施設が上下2段あった古墳
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ