WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月13日のニュース

捕獲したシカでシチューと陶板焼き 三和荘で3月から

0213sikaniku.jpg 福知山市三和町寺尾の三和荘で12日、シカ肉料理の試食会があった。「シチュー」と「陶板焼き」の2種類のメニューで、「臭みもなく、軟らかくておいしい」と参加者から好評だった。
 

 捕獲したシカの有効活用をと、三和荘が市からの委託を受け、石川篤料理長らが考えてきた。試食した市関係者たちにも好評だったことから、春限定の季節メニューとして、3月からレストランで提供することが決まった。
 
 シチューはモモ肉を使い、臭みを消すため数種類のワインで煮込み、オーブンで焼いたあと、特製のソースをからめる。
 
 陶板焼きには上質のロース肉を使い、自家製ポン酢に九条ネギを添えて味わう。いずれも地元産の野菜の天ぷら、おぼろ豆腐、じゃこご飯などの付くボリュームのあるセットメニューにした。
 
 肉は、市のあっせんで、新しく出来たシカ肉加工販売施設から仕入れる。血抜きなど下処理がうまくされ、生肉段階でもにおいが少ないという。
 
 石川料理長は「脂身の少ない肉質をどう生かすかで苦労しましたが、軟らかく仕上がり、お年寄りでも食べていただけるメニューになりました。季節限定ですが、多くの人にシカ肉を味わってもらえれば」と話している。
 
 価格はいずれも1200円。3月から5月までの期間限定で出す。
 
 
写真=試食会で出されたシカ肉の陶板焼き
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ