WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月12日のニュース

3小学校統合と小中一貫化を 夜久野の住民組織が市へ要望書

0212yakunokyouiku.jpg 福知山市立小中学校の再編に向けて行政サイドで審議が進むなか、「明日の夜久野教育を考える会」(西谷久男会長)は10日に市役所を訪ね、夜久野地域の3小学校統合と小中一貫化などを盛り込んだ要望書を提出した。
 

 考える会は、同町連合自治会が発起人となり、昨年9月に自治会長をはじめ、各学校関係者、公民館など町内の17団体で組織。過疎・少子化に向かう夜久野の学校教育の再構築について、団体ごとに意見を吸い上げ、協議を重ねてきた。
 
 この日は、西谷会長のほか自治会長、各校PTA役員ら11人で訪れ、西谷会長が趣旨を読み上げ、松山正治市長と藤林稔教育委員長に要望書を手渡した。
 
 要望書では「精華、育英、明正の3小学校を1校に統合」することを第一に掲げ、統合後の小学校は、夜久野中学校に近い位置に新築し、小中一貫校にすることをあげた。また、廃校となる施設は、地元自治会と協議し、地域振興を図るために利用するとした。
 
 西谷会長は、趣旨説明をするなかで、「小学校の統合は、少子化を考えると苦渋の選択。校舎の耐震性問題もあり、地域と学校が一体化できる解決策として意思統一を図ってきた」と述べた。
 
 これに対し、松山市長は「3月末に出る学校教育審議会の最終答申と合わせ、よく検討していきたい」と答えた。


写真=要望書を市長に手渡す西谷会長(左)
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ