WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月 4日のニュース

「京都を温める」 府新年度予算8481億円

0204kougisen.jpg 府の2009年度予算案が3日に発表された。府税収入が530億円減収する見通しながら、雇用・経済問題などで冷え込んでいる「京都を温める」ため思い切った予算にしたといい、総額は前年度より3・1%増やして8481億8800万円にする。
 

 雇用・経済対策としては3年間で5万人の雇用創出を図る。具体的には、京都ジョブパークによる就業支援拡充や離職者向け再就職訓練の拡充のほか、府内4広域振興局で1億円の予算をあてて5000人規模の緊急雇用対策事業を行う。これら雇用関係が府全体で709億円。企業向けには「厳冬乗りきり対策事業」として740億円を組み、緊急的な資金繰りを支援する短期資金などを創設。中小企業融資制度新規融資枠も拡大させる。
 
 中丹広域振興局が独自に取り組む地域戦略推進費は1430万円。「中丹の礎(イシずえ)を築く3つの輪」予算と語呂合わせをしている。3つの輪は福知山、舞鶴、綾部の中丹3市と、新年度の柱に掲げる「農・商・工」連携を指す。
 
 具体的な事業としては、まず「中丹力再生」として地域産業活性化事業に取り組む。中丹ビジネス交流会(仮称)を設置。製造系、商業・サービス・流通系、農林水産などの事業者が参加し、連携して新事業や新商品開発をしたり、地域内での受発注促進を図ったりしていく。
 
 「里力(さとぢから)の再生」も、中丹地方の大きなテーマ。集落の過疎・高齢化が進む中、地域を支える人材や組織の育成と確保、農道や集落排水など生活・生産基盤整備と保全を図るほか、鳥獣害対策も進める。これら「命の里」事業が府全体で約18億1300万円。ブランド京野菜等倍増戦略事業(府全体で約1億200万円)などを通して中丹の食のブランドづくりもしていく。
 
 関連して中丹広域振興局の地域戦略推進費からは、旬の産品開発など生産者と直売所のにぎわいづくりをする「中丹元気な食づくり事業」、ボランティアなどとの協働による集落再生・にぎわいづくりをする「中丹ふるさと再生推進事業」を新規事業として行う。
 
 このほか福知山関係としては、福知山高等技術専門校で約6700万円かけて施設充実を図る。2010年度に府立高等技術専門校の再編を図ることにしており、これに備えたもの。福知山校は障害者やフリーターら就職困難な人たちを対象にした訓練を充実させることにし、新設科のための施設整備や旋盤・フライス盤など、ものづくり系機器の購入などをする。
 
 情報格差是正と災害に強い地域づくりのため、中丹地方で5カ所の携帯電話不感地域解消を図ることにし、福知山市内では小牧と大江町市原での携帯用アンテナ整備に補助をする。府内全域で地上デジタル放送受信地域格差是正事業にも取り組む。
 
 
写真=高等技術専門校再編を翌年度に控え施設整備を図る福知山校
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ