WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年1月のニュース一覧

1日

百年先のまな板に乗る−文化財を守ることの重み 国重文・島田神社(2)

いにしえの赤い社よみがえる 国重文・島田神社(1)

2日

ウオッチング(2) 中身はお店で

ウオッチング(1) かばんの自動販売機

3日

農の世界へジャンプ 水稲苗2万2000枚を出荷

4日

特技は踊り 福知山のご当地キャラ(1)

“燃える”使命帯びて 福知山のご当地キャラ(2)

5日

気、張り詰める道場 弓道協会初射会

力強く「はつひ」「平和の光」 小中学生書初大会

「更に前進」をと700人で人文字 自衛隊福知山

6日

初えびすで商売繁盛!! 9日に七福神、宝恵かご道中

失職者ら年末に69件の相談 福知山市の緊急不況支援窓口

7日

自分たちで育てたソバ、地元で振る舞う 上野活性化グループ

伝説の古木「ばけツバキ」 府林業試験場で命つながる

8日

学力世界一・フィンランドの国語権威を招き教育手法学ぶ 成美学苑

特製鍋で体も景気も温めよう 初えびすで商店街

9日

福知山城に釣鐘門が完成 城下絵図参考に復元

共栄高柔道部の岸選手が九重部屋入り 初場所で初土俵

10日

95歳翁もハツラツもちつき 三和の介護福祉施設

七福神も「商売繁盛」 にぎやかに商店街を宝恵かご練る

11日

植物園で七草がゆ 熱々を食べ無病息災

一度に70個できるよ ドラム缶で大量焼きイモ機

12日

緊急就職相談で府などが福祉の仕事を紹介・斡旋

13日

ふるさとを心の支えに自らの歴史築いて 市成人式に746人

磯の王者・石鯛と戦う美術品 木と漆の館で和竿展

14日

村の木に大きな草履 金尾で400年以上続く行事「コト」  

寒い日続くと安心 和紙の原料・コウゾ天日干し

15日

雪の季節の寄宿舎 大江中で5人が共同生活

すっぽり各地で積雪 あすは天気回復

文化財を火から守れ−消防本部などが寺院などで防火点検

16日

非常ベル響き、児童は頭に座布団 大震災に備え小中学校で避難訓練

雪のように白い麹 雲原で農家が集まり仕込みが盛り

17日

センター試験始まる 京都創成大会場では720人

ほとばしる若い感性 佐藤太清賞公募美術展始まる

利用多いが赤字−料金見直しなど答申 三和荘運営審議会

18日

鬼伝説を園児たちが絵にして博物館で展示

まるで重機の仕事 山の斜面崩すイノシシ

19日

稲荷巡拝の故事にあやかり市街地のにぎわいを 市民グループが地図作り

2NPOが連携して事業を展開 一緒に新春の集い開いて協力スタート

20日

きょう大寒 観音寺のロウバイ開花

福高卒業生の靴ネパールへ 職員が現地訪れ渡す

21日

自治会事務に専従職員 報恩寺に独自制度

大江高生にパソコン教わる 小学5年生訪れ 

22日

福知山市役所が来月から土曜開庁 3カ月試行

三和町の「両橋」が土木学会の選奨土木遺産認定

23日

三段池公園にオリエンテーリングの常設公認コース

福知山の商店街が「大願成就」「合格」ステッカー作る

24日

創成大学を「成美大学」に 小中一貫校新設の方針も

インフルエンザ広がる  「警報」に近い患者数

福知山成美 初のセンバツ出場 春の便りに喜び爆発

25日

成美のセンバツ出場に地元の人たち歓喜 横断幕掲げエールも

4月から成美高に女子硬式野球部 監督は長野恵利子さん

26日

文化財を火災から守れ! 氷点下の中キビキビ訓練 

早くも鬼になりきる 節分前に衣装合わせ

27日

福知山市民駅伝の距離を延長 4人で10キロに

豆まき、大護摩…節分に各社寺で

市職員が地域の声聴いて回る「地区担当制」を試行

28日

かんじき体験ツアーなど2月1日に北陵雪まつり

福知山市民の8人に1人が救命士養成講座を受講

29日

市が携帯の待ち受け配信 ドッコちゃんと酒呑童子

屈強な隊員301人が献血 陸自福知山駐屯地

30日

大江の4保育園を統合 河守区画整理地内で来春開園

3校合同で小学生たちが福知山警察署を見学

31日

大学名称変更、小中一貫校新設など再生計画説明 成美学苑

日本連盟研修で小学生らがバレーの基礎学ぶ

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ