WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年1月28日のニュース

かんじき体験ツアーなど2月1日に北陵雪まつり

0128kanjiki.jpg 福知山市坂浦、北陵コミセンの天ケ峰スキー場で2月1日午前10時から「雪まつり」(実行委員会主催)が開かれる。今回は、雪深い地域ならではの催しをと、「かんじき体験ツアー」がある。
 

 体験ツアーは、雪国の人たちにとって雪の上を歩きやすくするための必需品だった「かんじき」を履いて、30分間ほど雪上を歩き、雪景色を楽しむ。かんじきは地元の消防団員らが、塩化ビニールのパイプでこしらえた。参加対象は中学生以上。午前11時から始める。先着15人。
 
 このほか、午後0時20分からみかん拾い、同0時40分から雪上ビーチフラッグ、同1時から第1回チューブそりジャンプ大会をする。催しの合間にはぜんざいなどを振る舞ったり、うどんを200円で販売したりする。当日はスキー場を開放し、雪遊びが自由にできる。受け付けはいずれも午前10時から。
 
■前夜祭では雪灯ろう点灯■
 
 また、前夜祭の1月31日午後5時30分から、コミセン進入路に並べた雪灯ろうをともす。
 
 地元のグループ・レッツ北陵(中村睦代表)が主催するもので、雪玉をいくつも作り、かまくら風の雪灯ろうに仕上げ、中にはペットボトルをかぶせたろうそくを入れる。暗闇に優しい明かりがもれる。
 
 午後1時30分から雪灯ろうづくりをするため、参加者を募っている。みそ汁の振る舞いもある。大雨の場合は中止。
 
 雪まつりなどの問い合わせは電話0773(36)0543の北陵コミセンへ。
 
 
写真=体験ツアーで履くかんじき
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ