WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年1月27日のニュース

市職員が地域の声聴いて回る「地区担当制」を試行

 福知山市は26日から、地域の声を聴くために職員が定期的に自治会長のもとに出向く「地区担当制」の試行を一部地域で始めた。4月からの完全実施に向けて、制度の効果や実務課題などを探り、行政と地域のパイプ役づくりを目指す。
 

 地区担当制は、松山正治市長の公約「風通しのよい市役所」の一環として取り組む。市役所に近い市街地の惇明地区、旧市域で合併後の支所に近い金谷地区、支所管内の菟原地区を試行エリアに選び、計49自治会に職員2人ずつの計98人が出向く。原則月1回程度の面会としているが、聴き取り方法や回数は、各自治会長の意向にそってそれぞれ対応する。
 
 昨年10月に行った全自治会長からのアンケート回答率は75%。このうち半数強が「行政との気軽なパイプ役は必要」としており、「パイプ役があってもよい」を合わせると、ほぼ9割が地区担当制の導入に前向きな考えを持っていた。
 
 通常業務内での実施を基本にしているが、時間が取りにくいことなど職員、自治会長双方の負担度や費用対効果の検証も行い、市役所と地域がより近づけるものにしていきたいという。試行は3月中旬まで。
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ