WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年1月26日のニュース

文化財を火災から守れ! 氷点下の中キビキビ訓練 

0126Sshoubou.jpg 文化財防火デー(26日)にちなんで、福知山市夜久野町小畑の真言宗恵日山円満院(山崎淳道住職)で25日、消防訓練が行われた。地元の人や文化財関係者が消防機関と一体となって訓練に臨み、文化財愛護精神の高揚を図って、火災から文化財を守る機運を高めた。
 

 訓練には、市消防本部、市消防団夜久野分団などの関係者約90人と文化財保護審議会、寺・地元自治会などから約50人が参加。消防車両8台が出動し、初期消火、文化財の搬出、消火などの訓練に取り組んだ。
 
 同寺本堂で寺の役員らが会議をしていたところ、参拝した住民が本堂北側の空き地で落ち葉が燃えているのを発見。関係者が初期消火にあたるが、折からの強風にあおられて付近の山に延焼し、文化財がある収蔵庫や本堂に延焼拡大の恐れがある−という想定。
 
 火災発見者が寺関係者に通報して訓練がスタートし、寺関係者らが消防へ通報する一方、消火器や消火栓を使って初期消火に努めるとともに、収蔵庫から仏像や文化財(模擬物)を搬出した。このあと駆けつけた消防署員や消防団員らが放水し、無事に“鎮火”させ、訓練を終えた。
 
 この日は、朝の気温が氷点下になる厳しい寒さだったが、関係者らはきびきびと訓練に励んでいた。訓練後、土家潔・市消防長が講評し「こうした火災があったら、こういうふうにするという点を地域で共有し、文化財を守ってほしい。中継放水が欠かせないので、消防関係者はこの技術向上に努めてほしい」と話した。
 
 足立秀幸・市消防団長の訓示、山口正世司・市文化財保護審議会委員長のあいさつに続き、同寺代表総代の長坂清さんが「きょうの訓練の様子を地域に持ち帰って伝え、今後の防火、消火活動に生かしたい」とあいさつした。
 
 福知山市内では文化財防火デーの取り組みとして、今年は1月15日から29日にかけて32カ所で文化財立ち入り検査、消防訓練を実施し、文化財防火に努めている。
 
 
写真=文化財を火災から守る決意をこめて一斉放水
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ