WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年1月22日のニュース

三和町の「両橋」が土木学会の選奨土木遺産認定

1222ryoubasi.jpg  福知山市三和町菟原の土師川にかかる美しいアーチデザインを持つコンクリート橋「両橋」が、社団法人土木学会の「08年度選奨土木遺産」に認定された。幕末から1945年(昭和20年)までの近代土木遺産が対象で、全国で23カ所、関西地域では両橋を含む4カ所が選ばれた。30日に大阪市内で授賞式がある。
 
 

 土木学会は、1914年(大正3年)に設立。土木工学の進歩と土木事業の発展、土木技術者の資質向上などを図ることで、学術文化の進展と社会の発展に寄与することを目指している。会員は教育研究機関、建設業、コンサルタント、官庁など多岐にわたる職場に属し、2007年4月末の会員数は4万人余り。
 
 選奨土木遺産認定制度は、身近にある土木遺産の顕彰を通じて、歴史的土木構造物の保存に尽くすことを目的に2000年に創設された。福知山市が応募したのは今回が初めて。
 
 両橋は1938年にでき、菟原中と菟原下をつないでいる。長さ56・4メートル、幅6・5メートル。橋りょう形式は鉄筋コンクリート造りのオープンスパンドレルアーチ・上路橋。建設費の一部として旧菟原村が村有林を売って地元負担分にあてた歴史がある。
 
 印象的な支間など随所にアーチが組み合わされた姿が、意匠に優れた「山陰街道の名橋」として受賞。国道9号からも見ることができる。
 
 菟原中地区には歴史の道百選に選ばれた細野峠があり、散策ルートの地域観光資源としても期待が寄せられる。
 
 
写真=土木学会の選奨土木遺産に選ばれた三和町菟原の両橋

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ