WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年12月14日のニュース

日本代表引き連れロシアへ 共栄高柔道部の芦田総監督

1206asida.jpg  ジュニアの「第3回ロシア・チャレンジ国際柔道大会」(ロシア柔道連盟主催)の日本代表選手団の男子監督として、福知山市東羽合、京都共栄学園高校柔道部の芦田武志郎総監督(60)が派遣されることが、このほど決まった。選手団を引き連れて国際大会へ挑むのはこれで6度目。「ぜひ優勝させたい」と話す。

 全国高校体育連盟などの依頼を受けて、13日から18日まで派遣される。団体戦で、選手は男女それぞれ8人。参加チームは最大で7カ国8チームになる予定。場所はプーチン首相の古里で、ロシア西部のサンクトペテルブルグ。
 
 芦田総監督は柔道歴約50年のベテランで、現在7段。38年間、同校で柔道部を指導し、日本選手団のコーチや監督として、2001年以降、ドイツ、フランス、中国、オーストラリアの4カ国へ合計5回派遣されている。今回はそういった功績などが認められ、派遣されることになったという。
 
 選手団の男子は、インターハイなどで優勝した大阪、佐賀、奈良、宮城、愛知、埼玉各1人、神奈川2人の中高生8人で構成されている。
 
 芦田総監督は「選手はトップクラスばかりで、ロンドンオリンピックを狙う選手もいる。この年代で外国人に負けると苦手意識が付くので、国際大会で勝つか負けるかは今後の柔道人生を大きく左右する。体調管理をしっかりとして、優勝を狙う」と話している。
 
 
写真=ロシアへ派遣される芦田総監督
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ