WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年12月10日のニュース

3年後の単年度黒字めざす 福知山市民病院が改善計画

 福知山市民病院は9日、3年後の2011年度に単年度黒字をめざす経営業務改善計画を発表した。新病院建設に伴い、毎年10億円を超える減価償却が続くが、経営健全化に向けての数値目標を掲げることで、改善への道筋を固める。
 

 全国の公立病院の8割が赤字経営に陥っているといわれ、それは各自治体の財政に重くのしかかる。経営に行き詰まり、存続ができない病院も出てきている。総務省は公立病院の経営健全化を求める改革ガイドラインを通知し、改善計画策定を求めた。
 
 市民病院の改善計画では、入院患者数を増やし、病床利用率を11年度に84・6%(07年度実績78・3%)に上げる。純損失は06年度が旧病院解体に伴う評価損約11億円が乗ったことで約20億6000万円と膨らんだが、医業収益の伸びなどを要因に07年度は約7億8000万円と大幅に減らし、08年度は約6億円を見込む。
 
 以後も少しずつ減らし11年度には2900万円の単年度黒字転換を図り、累積赤字解消への糸口とする。
 
 市民病院は、改善計画を通して中丹医療圏における急性期医療の拠点病院としてのあり方を摸索している。がん診療、救急医療、小児・産婦人科医療の強化を図りつつ、地域の医院との連携強化に重点を置き、他の医療機関からの紹介率の目標値を11年度で45%(同24・7%)に、逆紹介率を65%(同21・3%)にした。紹介率・逆紹介率を伸ばしていくことで、院内外による継続的な地域医療網の確立をめざす。
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ