WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年12月 9日のニュース

着付けや衛生管理−美容師・理容師組合がそれぞれに研修

1208kituke.jpg 福知山市の美容師組合と理容師組合が、それぞれに研修会を開き、技術・知識を高めあった。成人式を控え、福知山美容師組合(小山君子組合長、65人)は8日、福知山市篠尾新町のサンプラザ万助で、セミナーを開いた。全日本美容技術選手権大会で優勝している講師を迎え、近畿北部一円から集まった176人が着付けの極意を教わった。
 

  講師は千葉県の岩井みゆきさん。全日本選手権大会の花嫁化粧着付け、中振り袖着付けの両部門でトップに輝いた実力派。講習では流行のヘアとメークを説明したあと、モデルを使って着付けの実演をし、体形に合わせた補正の仕方や長じゅばんのきれいな着せ方、かわいらしさを演出する帯の巻き方などを紹介した。
 
 「最初の補正はたいへん難しく、着物の腰ひもがうまく巻ければ、成功する」と話し、参加者は高度なテクニックに目を見張っていた。
 
 青年部による「柔らかな感性」をテーマにしたステージや日本髪研究会による結髪の展示などもあった。
 
 府理容生活衛生同業組合福知山支部(松山美智夫支部長)は同日、福知山市昭和新町の府立中丹勤労者福祉会館で衛生と消毒の講習会を開いた。衛生管理は日々の理容業務で気をつけていることだが、府中丹西保健所技師の話を聞き、改めて意識を高めた。
 
 消毒で使うエタノール水溶液は約80%の希釈率が効果的で、濃度が高ければ効果があがるというものではない▽逆性石けんと石けんを混ぜると効果がなくなる▽紫外線消毒は照射があたらないポイントに注意すること−など消毒方法を学んだ。
 
 消毒方法によって異なる菌への特効性なども聞き、濃度79・6%のエタノール水溶液をつくる実技もした。 
 
写真=着付けの実演をする岩井さん(右)
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ