WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年11月26日のニュース

赤、白鮮やかにハボタン4000株 「がんばる三俣」がまつりで販売

1126habotan2.jpg 福知山市三俣の地域活性化グループ・がんばる三俣(荒樋輝己代表、23人)が栽培するハボタン4千株が、このところの冷え込みで鮮やかさを増し、畑一面を赤、白などきれいな色で染めている。恒例となった「ハボタンまつり」を30日に開く。
 

 ハボタン栽培は、グループが発足した1998年から続けている。まつりは今年で10回目の節目を迎えた。毎年11月下旬にまつりを開き、株の販売をしている。
 
 7月下旬に種をまき、9月上旬に上六人部保育園そばの畑18アールに移植し、「丸葉」「チヂミ」「切花」の紅白、6種類を中心に栽培してきた。
 
 移植後、9月の天候不順で生育が心配されたが、その後は順調に育ち、初雪をみるなど、今月下旬からの一気の気温の低下で、鮮やかさを増し、例年以上の出来という。
 
 まつりは、30日午前9時から午後3時までの開催。会場は保育園そばの栽培畑。6種のほかミニハボタンや鉢植えも販売。また新鮮野菜市、現地米予約、つきたて餅やイカ焼き販売のコーナーも設け、イモ鍋の無料接待をする。
 
 まつり以降も1週間程度は販売する予定。
 
 
写真=色鮮やかさを増したハボタン畑
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ