WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年11月21日のニュース

ノーベル賞記念でクラゲのパネルも 福知山駅北口の電飾

1121kurage2.jpg JR福知山駅北口前を電飾で演出する「ボンチ・ライティングシアター」が、22日から始まる。今年は、福知山市生まれの下村脩・ボストン大名誉教授がノーベル化学賞を受賞した記念に、桃映中学校の生徒たちが作ったクラゲのパネルも設置する。
 

 1992年に、ケヤキ5本に電飾したのが始まり。現在は福知山市市民憲章推進協議会の啓発事業として、ケヤキそのものへの電飾はせず、周囲を電飾するようになっている。
 
■桃映中学校の生徒たちが制作
 
 今年は駅北側の生け垣にLEDライト約1万6000球を使ったイルミネーションタワーと、クリア球約1000球を使ったクラゲのパネルを設置する。
 
 点灯式は22日午後4時50分から。市民憲章を朗読した後、福知山マラソン・ゲストランナーの山口衛里さん、姉妹都市・島原市の友好親善大使の白須久美子さんらが点灯する。
 
 期間は来年1月31日までで、点灯時間は午後5時から10時まで。ただし12月24、25日と12月31日、1月1日は翌日午前1時まで延長する。
 
 
写真=桃映中美術部が作ったクラゲのパネル。2種類ある
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ