WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年11月13日のニュース

【宮津・舞鶴】ルアーでアオリイカ 晩秋迎え良型上がる

1113ika.jpg 晩秋を迎えて良型のアオリイカが釣り人を楽しませている。秋口に比べて釣果は落ちるが、そのぶん型が良くなり、肉厚のおいしいイカが釣れている。
 

 舞鶴や宮津では、夏の終わりごろから、その年に生まれた胴長10センチまでの小さいアオリイカが釣れ始める。それが晩秋になると大きくなり釣り人を引きつける。
 
 いま釣れているのは胴長23センチ前後のものが多い。舞鶴の白杉では小アジ釣りの人たちが帰る夕暮れ時からルアー(餌木)で狙うと、短時間で4、5匹上がっている。
 
 宮津市海洋つり場によると胴長10〜23センチのものが上がっている。この1週間では釣果ゼロの日もあるが、多い日は20匹ほど釣れている。
 
 アオリイカは、肉厚で甘味があり、イカ類の中では最もおいしいとされる。残念だが、本格的な冬の訪れとともに沿岸からは姿を消し、釣れなくなってしまう。
 
 
写真=舞鶴の白杉でのルアー釣りで上がっている胴長23センチ前後のアオリイカ
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ