WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年10月29日のニュース

市武道館利用に空白期の可能性 新館完成前に旧館閉館

1029budokan.jpg 福知山市教育委員会が、現武道館を今年度内に解体するとして、来年1月下旬以降の使用予約を受け付けていないことが28日までにわかった。また、新武道館建設工事が遅れており、現武道館の解体作業と重複してどちらも使えない空白期間が生じる。使用期間について市民からの問い合わせがあるという。
 

■旧館は1月下旬まで、建設中の新館利用は3月以降
 
 市役所横にある現武道館の一部が都市計画道路の築造地にかかるとして、三段池公園に移転新築し、跡地は市役所駐車場に整備することになっている。新武道館は来年2月末に市に引き渡され、利用開始は3月以降になる見込み。一方、現武道館の解体工事は跡地工事や道路工事との兼ね合いなどがあり、今年度内に完了させる。
 
 新武道館は年内完成を予定していたが、全国的な社会問題になった耐震偽装事件後に厳格化された建築確認申請に予想以上の時間を要し、完成時期もずれこんだ。当初は新武道館利用開始後に現武道館を解体する手はずだったが、このずれこみで現武道館も新武道館も使えない空白期間が生じるという。
 
 両丹日日新聞社にはこの件に関して投書が届いており、「来年1月分の現武道館の使用予約ができませんでした。市民の誰もが使える大きな施設を3カ月後に閉館するのに一部の人に伝えるだけでいいのでしょうか」と疑問を投げかけている。
 
 市教委は解体工事に1カ月ほどかかると見ており、着手への準備期間として、現時点では1月下旬以降の予約を受け付けていないという。「使えなくなる明確な日がまだ流動的なので、はっきりした時点でしっかりお伝えしたい」としている。
 
 
写真=解体工事に向けて来年1月下旬以降の予約を受け付けていない現武道館
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ