WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年10月11日のニュース

プラごみ専用袋増やす 自治会長会で市が説明

1011jitikaityokai.jpg 福知山市の秋季自治会長会(325自治会)が10日、猪崎の三段池公園総合体育館メーンアリーナで開かれ、ごみの分別など松山正治市長の公約に関する19プロジェクトの検討結果の説明があった。
 

 ごみの分別は、プラスチック製容器包装類(プラごみ)専用の袋を増やし計3種類にする方針を説明。これに対して出席者は「ようやく分別が慣れてきたのに種類を増やすことで、逆にお年寄りには難しいのではないか」などの意見が出された。また、連日取り上げられている世界的な経済情勢の不透明さを挙げて「市内でも零細企業は大変。市として緊急の手だてを」との声もあった。

  松山市長は「あくまで原案の原案で、これから市民の意見を聞いて最終的な方針を決めていきたい」としている。

■新給食センター建設場所は市公設卸売市場に■
 
 市が発表した松山市長の公約に関する19プロジェクトの都センター以外の大型事業の見直しでは、新学校給食センターの建設予定地として、現計画の三和町地域の市所有地から市公設地方卸売市場(問屋町)に変更する考えが示された。
 
 市場は市中心部にあることで、配送計画などで利点がある。新たな用地取得や設計のやり直しなどの不利な点はあるが、それを差し引いても公設卸売市場での建設が「適当」と結論づけた。台風23号被災時には水がついたが、新給食センターはそれよりも高い配置設定になるとした。変更する場合には、「三和地域の住民の了解を得ずに取り組むことはできない」としている。
 
 消防署機能を備えた総合防災センターは、現在の北本町一区での建て替えとの対比を行い、機能性、財源的にも東羽合の建設予定地が「妥当」としている。市土地開発公社から買い戻す土地取得費の約13億9000万円は変わらないが、地震体験装置などを省き4階建てを3階建てにすることで建設費を4億円抑えた約21億1000万円と見込む。
 
 このほか、地上デジタル放送難視聴地域のテレビ再送信設備に伴う月々の使用料を1000円から500円程度に引き下げたいことにもふれた。
 
 
写真=三段池公園体育館メーンアリーナで開かれた秋季自治会長会
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ