WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年10月 5日のニュース

高校野球:福知山成美、秋も京都制す

1005seibi.jpg 秋季高校野球京都大会は5日、京都市・西京極球場で決勝戦が行われ、福知山成美が立命館を7−0で下し、優勝した。夏に続いての京都大会制覇。同日行われた3位決定戦で京都成章を8−7で破った塔南と3校が、18日から同球場で開催の近畿大会に臨む。
 
立命館
000 000 000=0
020 410 00x=7
福知山成美
 

 
成美先発は長岡。立命館は中本。
 
 
1回は両チーム3人で攻撃終える。
 
2回裏 成美は深瀬の右前打と死球の走者を送って二、三塁とし、内野敵失で先制。西元の中前打で2点目。二塁走者は本塁でアウト。西元も二塁を狙いアウト。

3回 両チームとも3人で攻撃終え、グランド整備。
 
4回裏 四球の走者を犠打などで三塁に置いて岡上が敵失を誘い1点。岡上は盗塁とバッテリーエラーで三塁に進み、西元の左前適時打で1点加え、続く長岡の中越二塁打で決定的な6点目を奪う。
 
5回表を終わって成美のエース長岡は無走者。
その裏、成美は先頭の細野が右中間二塁打。送って1死三塁。深瀬の中犠飛で7点目。
 
6回表 雨でグランドが重く、先頭基村が三塁線にバントを転がし、立命館の初安打とするが、牽制で刺される。2死後、安打2本をつなぐが、あと一本が出ず。
その裏、成美は2死から長岡が敵失で一気に二塁へ。更に暴投で三塁へ。四球で一、三塁としたが追加点はならず。
 
グランド整備を挟んで再開した7回表、成美・長岡は雨で指を滑らせ先頭打者にストレートの四球を与えるが後続を断つ。
その裏、成美は3人で攻撃終える。
 
8回表 立命館は3人で攻撃終える。
裏 成美は1死から敵失で走者を出すが併殺。
 
最終回 立命館は最後の打者が三振に倒れゲームセット。


(経過は公式記録と異なる場合があります)

<関連ニュース>
福知山成美2年ぶり3度目の優勝
 
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ