WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年10月 3日のニュース

生ゴミを堆肥に 主婦らが自然処理方法学ぶ

1002gomi.jpg 福知山市下小田の主婦らが、地区内の畑で市環境パークの職員から、生ゴミを自然処理して堆肥(たいひ)化するための手ほどきを受けた。ベニヤ板などで組んだふたつきの箱を土の上に置き、生ゴミと一次発酵させた堆肥を入れ、市販されている発酵促進剤をかけて時間を置くと堆肥になる−というもの。
 

  福知山環境会議のメンバー、池澤潤さん(66)=下小田=が「野菜や花を育てるには、土作りが一番大切。ごみの減量化に加え、堆肥化できる一石二鳥の取り組みを地域に広めたい」と近所の人たちに呼びかけて実施した。

 会場には縦・横約90センチ、深さ45センチの箱を用意。参加した住民15人が、「魚類は虫がわきやすいので避けたほうがよい」「糠(ぬか)やおがくず、落ち葉、稲わらを入れてもいい」「生ゴミを入れたときはよくかき混ぜて」などと、職員からアドバイスを受けた。
 
 池澤さんは自身の畑に箱を置いて地域の人と一緒に堆肥化を進めていくことにしており、「みんなで協力したい」と話していた。
 
 
写真=堆肥化の方法を学ぶ地域の人たち
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ