WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年10月 2日のニュース

古い柱生かして改修 23号台風で被災の浦嶋神社社務所

1002urasima-jinjya.jpg 福知山市戸田、水神神社(浦嶋神社)の社務所が改修され、1日に完成報告祭が営まれた。由良川沿いに建ち、台風23号の増水で基礎部分が洗い流され傾いてしまっていたものを修復。立派に仕上がった。
 

 本殿横に建つ社務所は大正8年(1919)4月に棟上げされた際の棟札が残り、地元の人たちは「大正時代より更に前からあったのでは」と話す古い建物。何度か水害に遭い、特に2004年10月の台風23号災害では、社務所の基礎部分が流され、全体が大きく傾く深刻な被害を受けた。
 
 そこで改修をすることになり、請け負った柏原工務店の勧めで、柱や太い梁(はり)などはそのまま生かし、金具で補強を加えて再建。土台に1・2メートルの土盛りをして水に強くした。壁や床、瓦などは新しくして、風格を残しながらも明るくきれいな社務所になった。
 
 広さは72平方メートルで、川側の和室を神輿(みこし)の収納庫に改装した。
 
 伊藤・梅原建築設計事務所の設計・監理で5月から工事が行われてきた。完成報告祭は、杉山良明総代ら地元の人たちと工事関係者らが境内に集まり、岡部一稔宮司が神事を行い、完成を祝った。
 
 
写真=社務所の完成を多くの人が祝った
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ