WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年10月 1日のニュース

福知山鉄道館に貴重なSL写真33枚 開館10周年記念で展示

1001sinnmati.jpg 福知山市新町商店街の福知山鉄道館ポッポランドで1日から、開館10周年記念のSL写真展が始まった。国鉄職員だった同市の大地さん(67)=日報連福知山支部会員=が、全国各地を回って撮影した鉄道写真のなかから、福知山近辺の鉄路を走るSLの雄姿をとらえた作品を中心に展示している。
 

 福知山にはかつて転車台を備えた福知山機関区があり、鉄路の王者といわれたSLが一時は50両前後も配備され、1973年ごろまで活躍していた。大地さんは64年から同機関区で働き始め、休日には時刻表を手に全国各地を回り、SLを撮り続けた。
 
 今回展示しているのは33点。鉄道100周年記念全国美術展でトップの総裁賞をとった躍動感あふれるC57の三重連や雪の中を力強く走る9600、SLが20両近く待機する昭和30年代の福知山機関区構内など懐かしい写真が並んでいる。
 
 鉄道館2号館に展示されているC58 56号がお召し列車をけん引した時や駅南公園のC11 40号の現役の時、給水のため福知山機関区を訪れたD51 1号など貴重な写真も多い。余部鉄橋を快走する特急出雲やディーゼルカー、電車の写真もある。
 
 大地さんは「SLが煙をはきながら走る姿は、まるで生きているかのようで、好きでした。シャッターチャンスを逃さないように吹雪のなかで3、4時間前から三脚を据え、SLが来るのを待ったこともあります」と振り返っていた。
 
 同展は26日まで。時間は午前10時から午後5時30分まで。木曜日休館。入場無料。
 
 
写真=福知山近辺の鉄路を走るSLの雄姿をとらえた作品を中心に展示している
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ