WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年9月30日のニュース

増水時の集落孤立回避 大江の南域道路北工区が開通

0930naniki01.jpg 福知山市大江町河東地区の山中で築造が進められていた農道「南域道路」2・8キロのうち北工区0・8キロが完成し、29日に府から市へ引き継がれ、一般車両の通行が始まった。千原側で接する市道約0・6キロも同時に開通した。
 

 南域道路は千原−南山間の山中を結ぶ農道で、1995年度に事業採択され98年度に府中丹土地改良事務所の手で工事が始まった。河東地区は由良川沿いを走る府道舞鶴福知山線に谷筋の道路がつながるだけで、山を挟んで隣り合う集落や農地へ行くのにも、一度由良川沿いまで出る必要があった。また増水時には舞鶴福知山線が通れなくなるため、山側に南北を結ぶ道路が求められていた。
 
 完成した北工区は千原と尾藤をつなぐ840メートル区間。2005年には、どんぐりがなるクヌギの植樹が造成中の斜面で、市民が参加して行われた。
 
 引き渡し式は近くの河東公民館であり、初めに府中丹広域振興局の米田保副局長があいさつ。「地元のご協力で本日を迎えました」と喜び、クヌギの植樹事業など「環境に配慮した造り」になっていることを紹介した。工事経過報告に続いて府から用地関係などの書類が市に引き渡され、道路管理が市の手にわたった。
 
 セレモニーに続いては参加者らが完成したばかりの道路へ向かい、車をつらねて通り初めをした。
 
 残る尾藤−南山間約2キロはトンネル工事もあり、12年度の完成を見込む。
 
 
写真=関係者が車をつらねて通り初めをして開通を祝った
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ