WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年9月26日のニュース

魅力ある丹後観光へ KTRと丹後海陸交通が連携

0926KTR3.jpg 北近畿タンゴ鉄道(KTR)と与謝野町に本社を置く丹後海陸交通は25日、福知山市のKTR本社で合同会見し、両社が相互連携し、より魅力ある丹後観光を目指すKTR・丹海「たんごアクセス・ネット」を発足させたと発表した。
 
 

 会見にはKTRの辻本泰弘社長、丹海交通の松下英秋社長が出席。地元ならではの新たな観光の共同開発、鉄道とバスの接続改善や運行非常時の連携対応などに取り組んでいくとした。
 
 ネット発足の企画第1弾として、10月10日から共同企画乗車券「天橋立まるごとフリーパス」を発売する。これは、1枚のきっぷでKTR全線の普通、快速、特急(自由席)、丹海交通の路線バス、天橋立観光船、ケーブル・リフト、成相寺への登山バスが利用でき、天橋立周辺の4観光施設、42店舗の土産店や飲食店で各種代金の割引が受けられる。
 
 料金は大人3000円、子ども1500円。発行から3カ月間有効で、利用日の1日限り、すべての乗り物に何度でも乗り降りできる。協力店には、まるごとフリーパスのステッカーが張ってある。
 
 パスはKTRの福知山駅などで販売する。問い合わせは、電話(24)2510のKTR企画総務課へ。
 
 
写真=合同会見で握手するKTRの辻本社長(右)と丹海交通の松下社長

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ