WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年9月19日のニュース

松山市長、都センター「縮小」の考え 大型事業見直しへ 

 福知山市の松山正治市長は18日、市議会9月定例会の一般質問の答弁で、仮称・北近畿の都センターをはじめとする大型建設事業の見直し案について言及した。まだ全容は明確ではないものの、一定の方向性は示した。最終的なものは市民に意見を聞いた上で提案し、議会の了解を得たい考えを改めて示した上で、現況を説明した。
 
 

 複合施設仮称・北近畿の都センターは、「図書館機能の充実が必要で、若者が集える機能も入れていきたい」とし、建設計画の白紙撤回ではなく縮小案を考えているとした。具体的な内容にはふれなかったが、従来の案を財政面で検証しており、「びっくりするぐらいの節約が図れる。機能的に劣るとも思わない」と自信をのぞかせた。

■給食センター■ 
 今年度着工予定の新学校給食センターは、三和町千束の国道9号沿い三和支所隣の市所有地が建設予定地だが、用水の問題や配送時間など多面的に見直しを進め、建設予定地の変更も視野に入れながら検討していると語った。
 
 「場所を旧市域に変更することによって合併特例債を充てることができない場合はどうするのか」との質問には、「将来的にそのほうが良い、との結果が出れば、単費(市単独)でもやるとの覚悟でいる」と答えた。
 
■防災センター■
 総合防災センターは、事業用地の検討を進めた結果、従来案通りに東羽合の国道9号南側の市土地開発公社保有地が妥当とした。建物は地震体験装置や3Dシアターなどを省いて実用化を図ることで、4階建てから3階建てにして事業費削減を図りたい考えを示した。
 
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ