WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年9月17日のニュース

ひきこもりの人とボランティアが農村でゆったり 稲刈り体験も

0916orenji.jpg 社会的ひきこもりの人や家族らが支えあう活動をしているNPO神戸オレンジの会(松井勝也理事長、本部・神戸市兵庫区)の会員らが14、15両日、福知山市夜久野町でブドウ狩りや稲刈りなどをして交流を深めた。同町の作業受託組織・やくの農業振興団代表、中島俊則さんの厚意で、毎年訪れており、会の大きな行事になっている。

 神戸オレンジの会は今年で設立9周年を迎える。これまでにかかわったのは200家族以上で、現在は約70家族が入っている。中島さんとは5年ほど前から交流しており、訪れた際には、会員の希望を取り入れながら自然の中での作業や娯楽などを行っている。
 
 今回は、空き家になっている中島さんの実家を宿泊場所に提供し、会員4人とスタッフらが参加。14日は、やくの農業振興団が運営する同町平野の体験農場でブドウ刈りやサツマイモの試し掘りをしたほか、エビイモ畑の草引きなどに汗を流した。夜は、中秋の名月を見ながらバーベキューを楽しんだ。
 
 15日は、会員の希望で稲刈りを体験。同町畑集落にある中島さんの田で、コシヒカリを鎌で刈った。会員たちは、自然の中でゆったりした時間を楽しみながら汗を流し、充実感を味わっていた。
 
 
写真=中島さんの田で稲刈りを体験する会員たち
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ