WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月19日のニュース

世界中の子にきれいな水を アマバンドでライブエイド

0819raibueido.jpg アマチュアバンドを育成するヤクノミュージックスクール(水谷博校長)は23日夜、福知山市夜久野町額田の夜久野ふれあいプラザで、難民救済チャリティーコンサート「LIVE AID(ライブ・エイド)3」を開く。「世界中の子どもたちがきれいな水を飲める環境を」と呼びかけ、収益は安全な水の確保のため新しい井戸を掘る活動を続けるユニセフに送る。
 

 ライブ・エイドは1985年、「1億人の飢餓を救う」をスローガンに英米2カ国で同時に開かれた。その翌年から、水谷校長らが呼びかけて地方版のライブ・エイドを4回続けて開催したが、その後は一時途絶え、一昨年に復活させた。
 
 出演するのは「岡本家」「Guys of Frank」「SOUND EDGE」「SNIPER」「DARK ANGEL」など幅広い年齢層の7、8バンド。演奏する曲はオリジナルのロックナンバーやポップス、フュージョンなど多彩。20歳代の女性がボーカルの「DARK ANGEL」は、1970年代を代表するロックバンド「レッド・ツェッペリン」のヒット曲などを聞かせる。
 
 午後5時30分開場、同6時開演。入場料は500円(小中学生は無料)。SSGが協賛し、照明の協力をする。
 
 水谷校長は「世界には戦争や干ばつ、洪水で汚れた水しか飲むことができず、下痢性の病気で毎日多くの子どもたちが命を失っています。井戸の設置で一人でも多くの子どもたちの命を救いたい」と話していた。
 
 
写真=盛り上がった昨年のコンサート
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ