WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月18日のニュース

雨乞い「笹ばやし」 ご利益あって祭りの最中に雨

0818sasabayasi.jpg 福知山市下六人部地域に江戸時代から伝わる雨ごい祭り「笹(ささ)ばやし」が16日夜、多保市集落内で催された。当番組が飾った山車(だし)のほか、子どもたちがササを振って走る「笹ぶり」があり、多くの人でにぎわった。
 

 笹ぶりは、「100日間雨が降らず干ばつに見舞われた」という寛文9年(1669)、時の福知山藩主・朽木稙昌が命じて始まったという。大人たち8人程でカシの棒を縦、横に組み、井堰(いせき)に見立てた柵(さく)を作って待ち構え、子どもたちが水でぬらしたササを持って駆け寄り、柵をたたいて打ち破る。
 
 柵は、集落内から天神社までの約500メートル区間に5カ所設けられ、それらを打ち破って子どもたちが駆け抜けることで、「井堰を切るほどの雨が降る」ことを表す。
 
 笹ぶりは、地域7地区の宮総代や自治会長らが出席した神事のあとに始まった。12個のちょうちんを付けた「十二まとい」を先導に、笛や太鼓、鐘のお囃子(はやし)が天神社へと巡行し、道中に設けられる柵に向かい、小学4〜6年生の約60人の子どもたちが、代わるがわる駆け寄り、歓声をあげながらササを振ってたたいた。
 
 この夜、3番目の柵を破ると、時を合わせて雨が降り出し、「まさに雨ごい祭りや」と、関係者や見守る多くの人たちを喜ばせた。
 
 また、笹ぶりと同時に山車も伊勢音頭にあわせて巡行し、「鞍馬天狗」を飾った人形が沿道で待ち受ける人の目を楽しませていた。
 
 
写真
=大人たちが作った柵を打ち破り、駆け抜ける子どもたち
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ