WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月16日のニュース

「球史に残る夏」誓う 全国高校女子硬式野球選手権開幕

0816jyosi.jpg 女子の高校野球日本一を決める「第12回全国高校女子硬式野球選手権大会」が16日、兵庫県丹波市市島町のスポーツピアいちじまで開幕した。全国から6チームが出場。開会式後、さっそく第1試合が始まり、熱戦がスタートした。
 

 丹波市など主催、両丹日日新聞社など後援。
 
 球場には蒲田女子(東京)▽駒沢学園(同)▽神村学園(鹿児島)▽埼玉栄(埼玉)▽花咲徳栄(同)の5校と兵庫県を中心とした丹波連合が集結。福知山市や近隣市出身の選手も出場している。
 
 開会式では、選手たちがしっかりとした足取りで入場。大会会長の辻重五郎・丹波市長が「鍛えられた技と精神をこのグラウンドで発揮し、素晴らしいプレーを展開されることを期待したい」とあいさつ。埼玉栄の松川史織主将(18)が「練習で培ってきたスピード、パワー、正確さを表現し、見ている方々に感動を与えるような女性らしい美しいプレーで球史に残る夏にすることを誓います」と選手宣誓した。
 
 試合は3チームずつに分かれてリーグ戦をして、上位2チームによるトーナメント戦をする。決勝戦は20日午前9時から。そのほか17、19両日は午前9時から、18日は午前10時から試合が始まる。
 
 
写真=選手宣誓する埼玉栄・松川主将
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ