WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月 8日のニュース

甲子園:あす初戦−気力充実・成美ナイン 

0808seibi-sensyu.jpg 福知山成美ナインは、いよいよあす9日に初戦を迎える。常葉菊川(静岡)戦は第1試合、午前8時30分開始。優勝候補に挙げられる強豪校を相手に、成美ナインのコンディションは「最高」。気力はますます充実してきた。
 

 当初は8日第4試合に予定されていたことから、ナイターに備えて夜間照明の下での練習などをしてきたが、雨による日程変更のため一転して朝の試合となった。このため選手たちは7日から朝食の時間を早め、体のリズムを切り替えている。きょう8日も、全員午前5時に起床。5時30分から朝食をとり、その後、宿舎近くの公園で素振りをした。日中は西宮市内の津門中央公園野球場で練習をする。
 
 9日は5時に朝食をとり、5時30分には宿舎を出発する予定という。球場入りは6時30分ごろ。その2時間後、戦いが始まる。
 
■応援団は準備完了
 
 試合が1日延びたことで、学校は応援準備に「もう一作業」加えることができた。8日午後、生徒会役員の生徒たちは、応援のしおり作成に励んだ。選手名と背番号、校歌、一塁側アルプススタンドの席割りや諸注意を書いた青い応援マニュアルと、選手ごとの声援のかけ方を書いた黄色い応援マニュアルの2種類を制作。各2000枚印刷して折りたたんだり、バスごとに数え分けたりした。
 
 コンピューター教室では応援DVDを作成。野球部の控え選手やブラスバンドによる応援の振り付け、演奏を動画撮影したものを編集してDVDに焼き付けた。撮影したビデオをそのまま焼き付ける予定だったが、1日余裕ができたため、字幕を入れることができた。
 
 甲子園へ向かうバスの中で流して応援方法を覚えてもらうことにしており、担当した生徒や先生たちは「文字を入れたことで、一段と覚えやすくなったと思います。当日はスタンドに大声援を響かせたい」と張り切っていた。
 
 
写真=宿舎近くの公園で素振りを繰り返す選手たち(午前6時前、大阪市内で)
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ