WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月 4日のニュース

宣誓で大きく成長 福知山成美の椎葉主将

0804sensei.jpg 全国高校野球選手権大会開会式で選手宣誓の大役を果たした福知山成美の椎葉一勲主将(3年)は、大観衆にも緊張することなく宣誓できたと振り返る。「人がいっぱいいる方がやりやすいし、気持ちよかったです」といい、出来栄えは「完璧(かんぺき)でした」と満足の笑顔。
 

 短い言葉の中に「家族、仲間、先生、応援してくれたすべての人たち」への感謝の言葉を素直につづった宣誓は、多くの人に感動を与えた。
 
 宣誓の言葉はすぐにできあがり、以後はバスでの移動中もずっと口ずさみ、本番をイメージトレーニングしてきた。前日のリハーサルでは、「声が大きすぎるので、前にいる人に話しかけるぐらいで」とアドバイスされ、本番での、さわやか宣誓につながった。
 
 宣誓が決まってから全国のテレビ、新聞が取材に集まり、どこにいてもカメラのレンズが向くというプレッシャーを受け続けて来たが、成美のコーチや関係者たちは口々に「彼ならやってくれると信じていました」という。日頃の授業態度も野球に取り組む姿勢も真面目で、しっかりしている。全幅の信頼を寄せるキャプテンだ。
 
 田所孝二監督は「いい宣誓をしてくれました。福知山と成美のイメージアップになりましたね」と話し、「以前は自分の野球に自信が持てていなかったけど、京都大会を通じて成長して、甲子園がまた一段と彼を大きくしてくれました」と、日々成長する姿を喜んでいた。
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ