WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月 2日のニュース

インターハイ棒高跳びで4位 共栄・石井選手

0801isii.jpg 近畿チャンピオンとして全国高校総体(インターハイ)の陸上競技・棒高跳びに出場していた京都共栄学園高校3年生、石井洋成選手(17)が、目標としていた自己新記録の5メートルを跳び、4位に入賞した。「ベスト3に入りたかった」と悔しがるが、記録には満足していて、ほっとした表情を見せていた。
 

 埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で7月29、30両日に開かれた。
 
 大会では、疲れがたまっていたのか、左足がけいれんして本調子ではなかったが、4メートル70センチを「気合」で跳んで一発でクリアし、決勝へ。他校のトレーナーにストレッチ方法を教わり、ずいぶんと回復して臨んだ決勝では、近畿大会の記録4メートル90センチをクリア。4メートル95センチはパスして、これまで跳べなかった5メートルに挑戦した。
 
 1回目、2回目ともに失敗。最後の3回目を前に、「いつもなら『ヤバイ』と焦ってしまう」が、緊張することもなく、落ち着いて「失敗してもいいかな」と気負うことなく跳んだ。
 
 体がバーを乗り越えマットに沈んだ瞬間、歓声が沸き、自身も思わずガッツポーズをして「よっしゃー」と雄たけびを上げた。
 
 「他県の選手と仲良くなったりしてインターハイは楽しかった。5メートルを跳んだときはみんなに拍手をしてもらえ、陸上をしていて良かったと初めて思いました」と顔をほころばせていた。
 
 1位は5メートル10センチ、2位は5メートル5センチ、3位の選手は5メートルで石井選手と同記録だったが、1回目でクリアしていた。
 
 
写真=表彰式で笑顔を見せる石井選手(右から2人目)
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ