WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年8月 2日のニュース

高校野球:成美ナイン堂々入場 椎葉主将さわやかに宣誓

0802seibi-sensei.jpg 第90回全国高校野球選手権記念大会の開会式が2日、甲子園球場で行われた。全国から55校が出場するなか、京都代表の福知山成美ナインは24番目に登場し、堂々と入場行進をした。また、選手宣誓の大役を担った椎葉一勲主将は、家族や応援してくれる人、長い歴史を築いてきた先輩たちへの感謝の言葉を入れながら、「正々堂々とプレーする」と、見事な宣誓をした。
 

0802seibi-kousin.jpg
 開会式は午前9時に始まり、国旗、大会旗のあとに、90回大会を記念して歴代優勝校の校旗がずらりと続いた。昨年の優勝校、佐賀北の主将が入場したあと、沖縄代表の浦添商ナインが元気良く行進。南から順にチームが登場し、北大阪代表の大阪桐蔭に続き、24番目に京都代表・福知山成美が紹介され、元気に手を振り堂々と入場した。
 
 大会会長のあいさつなどがあったあと、椎葉主将の名が呼ばれ、選手宣誓。
 
 「今まで支えてくれた家族、仲間、先生、応援してくれたすべての人たち、そして90回という歴史を築き上げてこられた先輩方に感謝し、全国の人に元気・勇気・感動を与えられるよう、正々堂々とプレーをし、日本中に高校野球の素晴らしさを伝えることを誓います」
 
 宣誓前にはやや緊張の表情が見られた椎葉主将だが、落ち着いて、さわやかに、よどみなく、堂々と大役をこなし、球場に詰めかけた大勢のファンの大拍手を受けた。
 
 大会はこのあと、さっそく第1試合の駒大岩見沢(北北海道)と下関工(山口)の試合に入った。
 
 福知山成美は2回戦となる大会7日目の第4試合、8日午後4時から、常葉菊川(静岡)と戦う。
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ