WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年7月26日のニュース

福知山成美「打線で圧倒したい」 初戦は常葉菊川

0726kuji.jpg 福知山成美の甲子園初戦の対戦相手が25日、静岡代表の常葉学園菊川に決まった。昨年春選抜大会優勝、同年夏の選手権大会は4強の強豪校だが、「打線で圧倒したい」と成美ナインは初戦に向け奮起している。
 

 常葉菊川は、25日の静岡大会決勝戦で静岡と対戦し、9−1で4季連続甲子園出場を果たした。安打数は3本塁打を含む14安打で、エースの左腕・戸狩が10奪三振で完投している。
 
 対戦校を知った椎葉一勲主将は「電話口で『えっー』と叫びました」と話し、「140キロを投げるピッチャーとホームランを打つ強打者がいて強いチームという印象。思い切り楽しんで頑張りたい」と話していた。
 
 成美は前回の06年甲子園出場時、2回戦で静岡代表の静岡商業と対戦し、勝利している。この対戦をきっかけに静岡商のほか、静岡県内のチームとの練習試合も増えているが、常葉菊川とは初顔合わせという。
 
 静岡の球場で試合を見ていた知人から電話で聞いたという田所孝二監督は「強豪校なので頑張ります」と話していた。
 
 成美の初戦は大会7日目、8月8日の第4試合(午後4時開始予定)。
 
 
写真=22日の京都大会決勝戦後、組み合わせ抽選で「51」のくじを引いた椎葉主将(西京極球場で)
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ