WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年7月14日のニュース

インターハイ頑張れ! 京都共栄柔道部を住民らが壮行会で激励

0713kyouei-j.jpg 3年ぶりのインターハイ出場を決めた福知山市東羽合、京都共栄学園高校柔道部の壮行会が13日、新庄公民館であった。出場選手らが新庄地区に住んでいることなどから、地元の有志らが中心となって開催。地区をあげて選手たちの健闘を祈った。
 

 共栄校柔道部は府予選団体戦で、実力校の京都学園を破り優勝し、インターハイ出場を決めた。個人戦でも2人が出場する。
 
 団体戦に出場する芦田秀之選手と芦田武志郎総監督、芦田武尊コーチは新庄在住で、さらにインターハイに出場する選手のうち4人が芦田総監督の家に下宿しており、全国大会で活躍してもらおうと、地元で壮行会が計画された。
 
 壮行会には住民や選手の家族ら約100人が出席した。住民有志を代表して芦田定雄さんが「1勝、2勝と勝ち上がり、悔いの無いよう頑張ってください」と激励。蘆田昭・副市長ら来賓も「普段の力を存分に発揮して、一回り大きくなって帰ってきてほしい」などと呼びかけた。出場選手、監督、コーチの紹介があり、芦田総監督が「地元のみなさんから温かく見守ってもらい活動ができている」と感謝の気持ちを伝えた。
 
 主将で、団体戦に出場する3年生の小野洋介選手は京都市出身で、1年生の時から芦田総監督の家に下宿している。「地元のみなさんには本当に世話になっていて、新庄は第二の古里です。大会では府代表、福知山代表、新庄代表として精いっぱい頑張りたい」と話していた。
 
 インターハイ柔道競技は8月5日から埼玉県上尾市の県立武道館で開かれる。同校の応援団は、同4日夜にバスで出発、5日に試合を観戦し、6日朝に帰福する。
 
 
写真=壮行会で激励を受ける選手ら
 
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ