WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年7月 6日のニュース

平均73歳の混声合唱団 保育園で園児らと交流

0704kasinokidai3.jpg 平均年齢73歳。福知山市かしの木台の老人会員らでつくる「かしの木台シルバー混声合唱団」(坂東義男団長、29人)が元気に活動している。2日には新庄の修斉保育園を訪れ、129人の園児らと歌で楽しく交流した。
 

 合唱団は67歳から91歳までの女性22人、男性7人の計29人が所属。昨年、老人会のカラオケなどを楽しむ定例会で、会員からコーラスもやろうとの声があがり、有志が集まってスタートした。
 
 デビューは昨年9月の下豊富地区の敬老会。翌月のかしの木台の文化祭にも出演し、11月に合唱団として正式に発足した。
 
 練習は月2回、地元の集会所で開き、地元に住む福知山混声合唱団の前田竹司団長(57)に指導を受け、楽しみながら取り組んでいる。
 
 保育園への訪問は、合唱団にとっては3回目のステージ。全員が黒いズボンとスカートに、白いワイシャツとブラウスの正装で、手づくりの赤いチョウネクタイとコサージュを付けて登場。園児らの歓声に迎えられ、最初にわらべ歌3曲を披露した。
 
 このあと、園児らが「カタツムリ」など3曲を歌ってお返し。メンバーらは、元気いっぱいの孫やひ孫のような園児たちの歌を、目を細めながら聴き入った。
 
 合間には、指揮を務めた前田さんがマジックを披露し会場を和ませ、最後にメンバーが、「春がきた」「海」など四季の歌をしっとりと歌った。園児たちは「また来てね」と大喜びだった。
 
 坂東団長(82)は「人前での発表はまだ3度目。少し緊張しましたが、子どもたちから元気をもらい、幼いころを思い出しながら、楽しく歌えました」。また、91歳でメンバー最高齢の公庄文恵さんも「ちっちゃな子どもたちと、とても楽しい時間を過ごせました」と話していた。

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ