WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年6月26日のニュース

摘葉、摘果など学ぶ キュウリ現地研修会

0625kyuri.jpg JA京都京野菜部会福知山支部キュウリ部会は25日、福知山市一ノ宮の農地でキュウリ現地研修会を開いた。部会員をはじめ、今年から本格的な栽培に取り組む人ら約40人が参加し、良いキュウリを作る方法を学んだ。
 

 会場は、農業生産法人みたけ農産有限会社が昨年からキュウリを栽培している畑で、広さは約18アール。同じく2年前から始めた栽培地と合わせて1770本を育てている。
 
 講師は、みたけ農産の畑で育てている品種「ビュースター」の種を扱っている久留米原種育成会久育種苗の有馬寛人さん。最初に栽培ポイントとして整枝と摘葉、摘果の仕方を伝えた。摘果については曲がった実を早めに落とすと、「草勢」維持、良い実の収穫につながる−と話した。
 
 潅水(かんすい)と追肥のタイミング、主な病気の防除についてもアドバイス。露地栽培においては肥料切れに十分注意するよう呼びかけた。
 
 このあと実際にキュウリを見ながら、枝の仕立ての方法も細かく説明。参加者たちは評価の高い福知山産キュウリの評価を落とさない良い実ができるよう、正しい摘葉の方法などについて質問していた。
 
 
写真=実際に栽培されているキュウリを見ながら、摘葉の仕方などを学んでいった
 

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ