WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年6月19日のニュース

増える年金相談 市役所にデータ照会端末設置

0618nenkin.jpg 昨年12月に始まった「ねんきん特別便」に伴い、各地の市役所で特別便に関する年金相談者が増えている。福知山市は、これまでは舞鶴社会保険事務所でなければわからなかった年金記録データの照会が直接できるオンライン端末を設置した。現在、操作担当職員が試行しており、7月1日から正式運用して相談サービスに役立てる。
 

 基礎年金番号に結びつかない約5千万件の「宙に浮いた年金」などで全国を騒がせる年金記録問題。福知山市役所にも毎日のように市民が相談に訪れる。
 
 ねんきん特別便では、加入履歴などの情報が緊急度の高い人から順に送られ、10月ごろまでをめどに、すべての年金受給者、被保険者に届く予定。加入履歴の統合や記録漏れ防止につなげるためのものとされているが、見てもわかりにくいことなどで相談者が増えているという。特別便に関する市役所での相談件数は1月に85件、2月に36件だったものが、3月には250件、4月に719件、5月に484件と増加傾向。日ごとのばらつきはあるものの、窓口には相談者の列ができる。
 
 担当課では市民から加入記録や納付についての問い合わせを受けるたびに、舞鶴社会保険事務所に電話で照会をしているが、つながりにくいなどの難点があり、オンライン端末の活用に期待がかかる。オンライン端末は京都社会保険事務局から08年末まで無償で貸与されている。
 
 担当課は「現在も多くの相談があり、長時間お待たせしてご迷惑をおかけしています。7月1日以降も混雑が予想されますが、オンライン端末を活用することで、より細かな相談に対応していきたい」としている。
 
 
写真=舞鶴社会保険事務所でなければわからなかった年金記録データを市役所で確認できるようになるオンライン端末を導入する

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ