WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年5月31日のニュース

釣果まずまず、解禁日に期待 由良川のアユ試し釣り 

0531ayuturi1.jpg 由良川漁協は30日、由良川本流と支流の土師川、牧川の3河川で、6月8日のアユ釣りの解禁を前に初の試し釣りをした。組合員のベテラン釣り師9人が各河川に分かれて入り、友釣りを中心に試みた。
 

 本流では、竿釣り専用区の川北橋から戸田橋間で2人が友釣りをし、午後2時から3時までの1時間で20匹の釣果をあげた。また1人が、ほぼ同じ時間帯に戸田橋上流でころがし釣りを試し、7匹をかけた。支流2河川では、友釣りを試みたがいずれも釣果は出なかったという。
 
 本流で釣れたアユのサイズは、15−20センチで、例年の解禁日に釣れる大きさと変わらなかった。水量は申し分なかったが、水温は19・5度とやや低く、友釣りは場所や時間帯によって大きな差が出た。
 午後3時を過ぎ、釣り師たちが集合した戸田橋上流で、再度3人が竿を出すと、やや水温が上がったせいか、アユが次々にかかる光景も見られた。
 
 組合員らによれば、支流のアユは、おとりを追うまでの大きさになっていない。本流では、天然ものはまだ遡上(そじょう)している時期で、際で石をかんでいる跡がよく見られ、瀬の中心にまだ付いていないという。
 
 また、今シーズンの見通しについては、「豊漁だった昨年には及ばずとも、例年並みの漁は期待できます。解禁日までにまだ1週間あり、水温の上昇も見込めるので、8日は楽しめると思いますよ」と話していた。
 
 
写真=戸田橋上流の友釣りでかかったアユ
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ