WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年5月23日のニュース

市民参加で子ども預かり 市社協が共働き家庭支援

 福知山市社会福祉協議会は、8月から市民参加の子育て支援「ファミリーサポートセンター事業」を始める。子どもを預けたい人と預かることができる人がそれぞれ会員登録をし、相互援助をする仕組み。福知山市の委託を受けて取り組む。
 

 「共働きや急用で、子どもを保育施設に迎えにいくことができない」「残業で遅くなるが家に子ども一人では心配だ」などの悩みを、市民参加で解決していく事業。
 
 預ける側は「依頼会員」で、市内在住・在勤のおおむね0歳から10歳までの子どもがいる人が対象。預かる側は「協力会員」で、市内在住で自宅か市総合福祉会館内のチャイルドルームで子どもの預かりができる人を対象にする。依頼・協力のどちらもできる人は「両方会員」になる。
 
 協力会員・両方会員として登録するためには、事前に子育てサポートボランティア講座を受ける必要があり、依頼会員の登録には事前の打ち合わせを行う。市社協はサポートセンターとして、会員相互の紹介、フォローアップなどの仲介役や講座開催などの役割を果たす。
 
 援助活動内容は、学校の放課後の預かり、保育施設の開始時間までや終了後の預かり、買い物や外出時の預かりなど。
 
 預かる場所は、基本的には会員宅だが、市総合福祉会館内のチャイルドルームも使うことができる。利用時間は平日午前8時から午後5時までを基本に、利用料は1時間700円、時間外は100円増し。土・日・祝日は会員宅のみで午前7時30分から午後9時まで1時間800円。利用料は預かった会員に支払われる。宿泊を伴うことはできず、年末年始は休み。
 
 依頼会員は食事やおやつなど、預ける時間帯によって子どもに必要なものを準備する。
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ