WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年5月21日のニュース

野鳥が食べる実増やそう 府猟友会が苗木植樹

0521mitake.jpg 野鳥が食べる実がなる木を植える「小鳥のさえずる森づくり運動」として、福知山市喜多のみたけ山荘で21日午前8時30分から食餌(しょくじ)木の植樹が行われた。
 

 府猟友会が1984年から続けている運動。猟友会三和支部の高橋会長が山荘を訪れて苗木を寄贈し、地元の人たちと府職員でさっそく植樹をした。
 
 植えたのはスイートマルベリー(桑)7本とグミ8本。丁寧に添え木をし、シカの食害を防ぐため一本ずつ金網で囲った。地元の人たちは「ここは自然いっぱいで野鳥も多い。実のなる木が増えて小鳥たちも喜ぶでしょう」と話していた。
 
  
写真=苗木を植えていく地元の人たち
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ