WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年5月16日のニュース

三峠断層震源の地震なら福知山の家屋倒壊2万棟の試算

 福知山市はこのほど策定した市建築物耐震改修促進計画の中に、市域が大きな影響を受ける恐れのある大規模内陸性直下型地震4件について、人と建物の被害予測状況を挙げた。最大規模の三峠断層では、死者720人、建物では約3割の2万棟以上が全壊する試算になっている。
 

 データは07年11月に作成された府地震被害想定調査から抜粋したもので、大規模地震として上林川、郷村、養父、三峠各断層を震源にする4つの地震を想定する。いずれもマグニチュード7・2以上と見ている。
 
 被害状況は、発生時期を被害が最大になる冬季の早朝として出しており、死者は140人−720人、負傷者は1040人−1190人。建物被害は全壊5530棟−2万1330棟、半壊1万1840棟−1万6000棟になる。
 
 同促進計画は08年度から8年間のもの。市の住宅耐震化率は、最新の03年度データで63・4%。国の75%、府の74%を下回っているが、計画目標では国、府と同じ90%をめざす。
 
 学校施設の耐震化率も全国平均を下回っており、公共施設は災害時の避難所などで耐震化を促進する必要性が高いため、重点的に取り組むとしている。
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ