WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年5月13日のニュース

高校野球:夏に期待つなぐ準優勝 春季府大会で福知山成美

0513seibi.jpg 春季府高校野球大会2次戦の決勝戦が12日、京都市・西京極球場であり、福知山成美は今春のセンバツ出場校・龍谷大平安と対戦。2004年に優勝して以来4年ぶりの決勝戦進出となったが、4−6で競り負けて準優勝に終わった。しかし夏の大会に期待を抱かせる結果となった。
 

 平安、成美、3位決定戦の勝者・京都国際の3校が24日から同球場である近畿大会に出場する。
 
▽春季2次戦決勝戦・西京極球場
 
龍谷大平安 100 030 020=6 
福知山成美 000 020 200=4
 
 ○…成美は0−4とリードされて迎えた5回裏、二死満塁から3番深瀬が左前打を放って2点を返した。7回表をこの試合で初めて三者凡退に抑え、勢いに乗る成美はその裏、一死一、三塁としてバッテリーエラーの間に三塁走者の長岡が生還。さらに3番深瀬、4番高久、5番椎葉が連続して四球を選び、押し出しで1点追加し4−4の同点に追い付いた。
 
 しかし8回表、簡単に2人を打ち取ったあと四球とエラーで1点を献上。左二塁打で追加点を許し、4−6と突き放された。
 
田所監督の話
 打者は簡単にフライを打ち上げてアウトを取られた。リズムが悪く、長い守りに短い攻撃だった。近畿大会、夏の大会ではもう1回、平安と戦いたい。
 
 
写真=0−4とリードされた5回裏、二死満塁から3番深瀬の左前打で2点を返した
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ