WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年5月 8日のニュース

500年ぶりに解体修理の重文・島田神社で棟上げ

0508simada.jpg 造営から500年ぶりの解体大修理が行われている国の重要文化財・島田神社(福知山市畑中)で2日、上棟式が行われた。ここまで工事は順調に進んでおり、年内にはほぼ完成し、真新しい本殿で初もうでができそう。
 

 上棟式は御霊神社の岡部一稔宮司が祝詞を奏上した後、棟梁(とうりょう)の久保田正昭さんが振幣を振りながら「エイ、エイ、エイ」とかけ声を上げ、参列者が「おう」と声をそろえて紅白の綱を引き、棟木を屋根に引き上げたことを表した。この後、棟梁が木のつえをつきながら「千歳棟」「万歳棟」「永々棟」と唱える声に合わせ、職人2人が木づちで棟木をたたいて屋根に組み固めた。
 
 これから屋根の工事に入るが、屋根にふくこけら板を市民募金でと、地元が「こけら一枚運動」をしている。1口1000円。寄付者の名前をこけら板に記す。上豊富地区以外では、御霊神社社務所で受け付けている。問い合わせも同所、電話(22)2255。期間は6月末まで。
 
 
写真=屋根に上げられた棟木が組み固められた
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ