WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年4月30日のニュース

若アユ14万匹を放流 由良川漁協

0430ayu.jpg 由良川漁業協同組合(上原組合長)は30日、由良川本流と支流3河川に、今シーズン初めてアユ1000キロ(約14万3000匹)を放流した。今後も5月29日までに6回に分け、海産と湖産を合わせ、昨年と同量の計4840キロを各河川に放流する。
 

 初日は、綾部市内の由良川本流と福知山市内の牧川、土師川の計14カ所に、和歌山県の紀ノ川漁協から仕入れた冷水病に強い海産のアユを放した。
 
 土師川では、三和町内6カ所で地元の組合員が立ち会い、ホースやバケツで約200キロを放流した。体長12cmほどに育った若アユで、川に放されると勢いよく泳ぎ、深みや瀬に散っていった。
 
 アユ漁は、釣りが6月8日、網は7月1日(釣り専用区を除く)に解禁となる。同漁協によると、毎年3月上旬に河口付近でのイサザ漁で天然アユのそ上を確認しているが、今年は昨年より水温が低く、数は多くないという。水温の上昇とともに、そ上は活発になり、放流ものとあわせ漁は例年並みと見込んでいる。
 
 
写真=水槽からホースを使って放流されるアユ(三和町の土師川で)
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ