WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年4月16日のニュース

大量注文に感謝 中丹養護学校生が心を込めて食器納品

 福知山市私市の府立中丹養護学校高等部生が15日、社会福祉法人みつみ福祉会が運営する市内のグループホーム「きらら・リポーゾ」に、職業実習で作った陶製の食器類約100点を引き渡した。2月に注文を受け、多彩な釉薬(ゆうやく)をふりかけて焼き上げた。温かみがあり、入居する人たちが普段の生活のなかで使う。
 

 高等部生15人は、自立して社会参加する力をつけるため、年間を通して陶器や布加工製品を作り、地域のスーパーなどを借りて年4回程度販売している。主婦らの人気を集め、生徒たちの製作意欲の向上につながっている。
 
 今回の注文は、グループホームの4月1日開設に伴うもの。同福祉会が運営する他の施設が昨年から同校で購入した食器類を愛用しているが、「丈夫で使いやすい」と好評で、同ホームでも食器類すべてを同校でそろえることにした。
 
 同校での引き渡し式では、生徒たちが同福祉会の瀬川さんに角丸皿、八角鉢、カレー皿、カップや傘立てなどを手渡し、生徒代表の3年生、福井君が「使う人のことを考え、形作りから最後の検品まで責任を持って取り組みました。今回のことを励みにさらに喜んでもらえる陶器づくりをしたい」と、大量の注文に感謝の気持ちを述べた。
 
 瀬川さんは「入居者は、障害者自立支援法を受けて廃寮になった通勤寮から移った人たち。今まで使っていたメラミン樹脂製の食器と違って温かみがあり、喜ばれそうです。こんごも、補充しながら大切に使い続けたい」と話していた。
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ