WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年4月 8日のニュース

的確なジャッジのために 京都軟式野球連盟が審判講習

0407sinpan.jpg 京都軟式野球連盟北部1級審判員講習会が6日、福知山市和久市町の福知山球場で開かれ、亀岡市以北の1級審判員39人が、的確なジャッジを身に付けた。
 

 連盟は20支部で組織。各支部の1級審判員は年に1回講習を受けることになっている。福知山支部には府内で一番多い12人の1級審判員がいて、うち10人が受講した。
 
 講師は同連盟の審判指導員5人。最初に球場そばの市民体育館で、ルールの改正や1級審判員の心構えなどについて教わった。このあと球場でストライク、ボール、セーフ、アウトなどの正しい発声とジェスチャーの仕方を学んだ。
 
 このあと市内のチーム、エスイーシーとナガセケムテックスの選手たちが協力し、試合形式での実技指導を受けた。審判員たちは球審、塁審でのコールのタイミングや立ち位置、姿勢のほか、マスクをつける場所など細かい点についても注意を受けた。
 
 高松宮賜杯第52回全日本軟式野球府大会が13日から、福知山市内などで開かれるため、参加した審判員たちは指導員のアドバイスを聞き漏らさないよう、真剣に取り組んでいた。
 
 
写真=実技指導で球審の正しいジャッジの仕方を教わる1級審判員たち
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ