WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年4月 7日のニュース

お寺で満開の桜とコンサート楽しむ

0407yozakura.jpg 福知山市寺町の正眼寺(四方正道住職)で6日から夜桜コンサートが始まった。訪れた人たちがライトアップされた満開の桜を眺めながら、演奏を楽しんだ。7日も開催。
 

 5年前から、境内にある樹齢80年以上となる桜の開花に合わせ、市内外の演奏家を招き開いている。
 6日は市内のコーラスグループ、ほっと・ティーが「恋のバカンス」などを澄んだ歌声で聞かせたあと、神戸市のスティールパン・ユニット「ピュア・グレープ」が登場した。
 
 スティールパンはカリブ海の国、トリニダード・トバゴでドラム缶から生まれた打楽器で、この日は3種類のスティールパンとドラムの4人編成で、「涙そうそう」「となりのトトロ」など、なじみ深い曲を披露した。
 
 ドラムのリズムに合わせて、スティールパン独特の軽快な音色が境内に響き、訪れた市民らが体でリズムを取りながら聞き入っていた。演奏中、吹く風に桜の花びらが散る場面も見られ、桜とステージを一緒にカメラに収める人もいた。
 
 7日は午後7時から、与謝野町の「筝の音アンサンブル」が文化筝の演奏を披露する。無料。雨天の時は本堂内でする。
 
 
写真=咲きそろった桜のもとで、演奏するピュア・グレープ
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ