WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年4月 3日のニュース

小規模事業所の拠点 福知山市商工会が発足

0403syoukoukai.jpg 三和、夜久野、大江町商工会が合併して福知山市商工会が1日に発足、2日に福知山市大江町河守中央の本所で開所式をした。会員数406人でのスタート。多くは個人経営など小規模事業者とあって、会員事業所の経営改善や地域振興に果たす役割と期待は大きい。
 

 福知山市と旧3町の行政合併を受けて商工会も合併することになり、1日に府から認可を得た。旧大江町商工会を本所、三和町、夜久野町商工会を支所にした。会長には夜久野町商工会の大槻昭久会長が就き、三和、大江両町の会長がそれぞれ副会長に就いた。
 
 開所式であいさつに立った大槻会長は「合併のメリットを十分に発揮し、巡回指導など質の高いサービスを通じて会員企業の発展と地域貢献をしていく」と決意を披露。高日音彦市長は市内の桜の開花状況を引き合いに祝辞を述べ、「桜は商工会合併まで待っていてくれたのではないか。明日から立派な花を咲かすだろう。私たちも懸命に応援していくので、みなさんもお力添えを」と協力を求めた。
  
 この後、本所前に移動してテープカット、くす玉割りをし、新商工会の門出を祝い合った。
 
 広域化後も、「身近な相談窓口」としての機能を維持し、各地域を代表するイベントを継続するほか、広域化のメリットを生かして会員の交流を図るなど、情報交換を盛んにすることにしている。
 
 写真=本所前で大槻会長(右)らがテープカット
 
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ