WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年3月19日のニュース

ホタル飛ぶ季節楽しみ 児童らと幼虫放流

0318syouwa.jpg ホタルが飛び交う美しい川づくりを進める福知山市の昭和ボランティアクラブは17日、市民病院そばの弘法川寺之下橋付近で、地元の昭和小学校の3年生と一緒にホタルの幼虫約400匹を放流した。
 

 クラブでは、府地域力再生プロジェクト支援事業の交付金を受け、ホタルのえさのカワニナ放流や川の清掃作業などを続けている。昨年10月には昭和小学校児童に協力を呼びかけ、川沿いにハナミズキの苗木を植樹した。
 
 放流にはクラブメンバー20人と児童111人が参加した。幼虫は、兵庫県加東市のホタル研究プロジェクトチーム・地球社から購入したもの。児童たちは体長1・5cmほどの幼虫を入れた紙コップを受け取り、メンバーに教わりながら川へ静かに流し入れた。作業を終えた児童たちは「早く元気に育って飛んでほしい」と祈りながら、澄んだ水の中をのぞき込んでいた。
 
 こんご4月に幼虫約100匹を新たに購入して放流する。飛び交うのは6月10日ごろからになりそう。
 
 クラブでは「幼虫は水の中からはい上がってさなぎになります。成虫になるまで低水路の水辺に下りて地面を踏まないようにしてほしい。産卵させて増やすために捕獲も遠慮してください」と協力を呼びかけている。
 
 
写真=紙コップに入れたホタルの幼虫を放す児童たち

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ