WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年2月 6日のニュース

都会の人も参加して源流の岸辺整備 ホタル飛ぶ川へと大内で

0206ooutigawa.jpg 福知山市大内を拠点に、就農希望者の育成や支援をするNPO百姓塾が、大内川源流域でホタルの増殖をめざし、ボランティアの都市部住民らと取り組んできた岸辺の整備作業が進み、長さ約250mにわたる美しい流れがよみがえってきた。
 

 整備作業は、農水省近畿農政局の「農村景観・自然環境保全再生パイロット事業」の支援を受け、昨年8月から取り組んでいる。
0730ooutigawa.jpg
 
 ボランティアは、百姓塾の呼びかけに応じ、福知山市内をはじめ、京都市、尼崎市、姫路市などから参加した男女7人。第1期作業として8月から12月にかけ、月2回土曜日に集まり、川を覆うように岸辺に生い茂った雑草やシノブダケなどを刈り取ってきた。
 
 第1期で終了した作業は左岸のみだが、これまで見えなかった川の流れが見えるようになり、上流部には丸太橋も架けた。今年の8月からは新たなメンバーを加え、第2期作業として右岸の整備を進める計画。
 
 塾の芦田代表は「とりあえず左岸だけですが、きれいになった分、今年はイノシシの出没が減るという副産物も生まれました。将来、ホタル祭りの開催など、都市部の人たちと地元との交流ができるよう頑張りたい」と話している。
 
 
写真上=本来の流れが見えるようになった上流部
写真下=作業前の川の様子(昨年7月撮影)
 
 

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ